VC PTN 2612874 今の話題のニュース: ●日本人がアメリカで医師を目指すには? アメリカでの医学部は大学院に該当

2010年04月04日

●日本人がアメリカで医師を目指すには? アメリカでの医学部は大学院に該当

日本で医師として働くには医学部に合格して
6年の医学部を終了し医師国家試験に合格。

それから初期臨床研修(2年)を終了することです。
これがほとんど唯一の道です。

アメリカでの医学部は大学院に位置づけられていて
4大卒業後に優秀な学生がさらに4年医学部へ行きます。

日本人がアメリカで医師を目指す場合は日本で
医師免許を所得してからくる場合がほとんど全てです。

アメリカ留学というのは、日本の医師として合格
してからで、医学大学系で教授の多くは、数年アメリカ
で腕を磨きに行くのです(修行)。

アメリカで医師免許を取得するのには、日本に居る
2倍以上難しく適性検査や一人前の医師になるために
厳しいテストと技能テストなど大変です。

ですから、日本に帰ってくれば、医学大学で
教授になれると言う話です。

アメリカはそんなに甘くありません。
アメリカに留学した数年で、日本に居た10年分ぐらい
学べるようです。まずは、医学大学に入学することですね。

ブランクがある人は、人の2倍以上努力しないと
難しいらしいですよ^^

●医師・研究者がアメリカに留学する極意

●アメリカ有名大学院に留学する方法

●大学入試英語長文ハイパートレーニング



posted by ポギーアンドべス at 09:45| 学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。