VC PTN 2612874 今の話題のニュース: 東大合格生・浪人の比率が低いワケ・・

2010年05月12日

東大合格生・浪人の比率が低いワケ・・

最高学府・東大の現役・浪人の
合格比率は7:3だそうです。

私的には1年余分に勉強する分5:5
もしくは4:6程度になってもおかしくない
と思うのですが、どうして7:3と
現役が圧倒的に有利になっているのでしょうか?

答え・・・・・・・・・

東大は小数点まで点数開示されるので
全く同じ点数でも現役有利にはならない。

現役東大生が書いた地頭を鍛える
フェルミ推定ノート


理由としては
●現役生の方が人数が多い
●賢い人は普通に現役で受かる

凡人が1年や2年長く努力しても、賢い人は
数か月で追い抜きますから。
世の中には高3夏に文系⇒理系に変わって
理V現役合格するような人もいます。

理Vも京大医も阪大医も、現役が60%以上です
(少なくとも僕のときは)。対して地方国立医学部
は浪人が多いです。

医学部は現役の割合と偏差値が正の
相関をしているみたいですね。

灘や御三家を筆頭に私立や国立の超進学校の
人達が現役で合格を占めてしまうという見方
もありますが、とある人の意見として・・・

現役東大生たちが実践している合格のための勉強法
現役東大生だけが知っている!集中力を高める34のルール

東大の入試問題を実際に解いてみたら
わかったそうです。

このクラスの問題で、合格圏内の得点を取ろう
とすれば、もって生まれたものと、たぶん小学生
までの生活環境による
「ひらめき」
「思考スピード」
「記憶力」
「計算や回答ロジックの公式化とその適用スピード」

いわゆる勉強のための勉強法の違いで
「凡人」と「エリート」の差がすでに
高校生までに備わっているか
どうかが分かれ目だと思います。

私の高校でも、毎年現役5〜7名 浪人1〜3名の比率です。
うちの高校では、多浪生には東大を諦めさせてました。

それは、先生曰く・・・答案作成のセンスの無い奴
思考ロジックが堅い奴は、東大クラスの問題をいくら
トレーニングしても、これ以上は伸びない・・・と

先生らは、1年次ですでに東大京大の受験センスの
有無を判定して2年次のクラス編成を行っていたのです。
もちろん私もだめな口ですが・・・

よって、現役有利ではなくて、「受験センス」の有無
によって東大入試は決まるために、比率がだいたい
固定されてしまっていると私は思っています。

これは、あくまでも個人的な見解ですが・・・
  



ラベル:比率 浪人 東大
posted by ポギーアンドべス at 20:00| 東大 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。