VC PTN 2612874 今の話題のニュース: 一橋大生の就職先・業界別

2010年06月02日

一橋大生の就職先・業界別

学部生 (商社・サービス)
     2009年

・三菱商事    10人
・三井物産    15人
・住友商事    11人
・伊藤忠商事 6人
・丸紅       9人
・伊藤忠丸紅鉄鋼 1人
・兼松     1人
・双日 1人
・豊田通商 2人
・内田洋行     1人
・トラスコ中山 1人
・伊勢丹 1人
・西武百貨店 1人
・イトーヨーカ堂 1人
・セブンイレブンジャパン 0

一橋の先輩方が自らの就職活動を
振り返って後輩の皆さんのために
残してくれた就職アドバイスの金言集です

会社の選択・決断

●活動を実際に始める前から、絶対この業界に
行きたいと決め付けない方がいいと思います。
活動が深まるうちに興味は変わってくるので
あまり過度の思い込みは結果的に自分を見失わせます。

「自分がどんな時楽しいか、幸せか?」という
問いを自分に投げかけながら、自己分析を進める
ことを勧める。
また、自分が欲しい条件をすべて満たす企業は
恐らく存在しないので、大切にしたいことに
優先順位をつけると良いでしょう。

内定を貰い過ぎるのは良くないという人もいますが
会社と学生が平等な立場で選び合う時に内定を
いくつか貰っておき、会社がこちらを選ぶと同様に
こちらも会社を選ぶことは悪いことではない。

会社を選ぶ時は一つの業界にこだわるのも大切ですが
あえて色々な業界を見るのも大切です。

自分のやりたいこと、適正等を重視することが
内定への近道です。やりたいことを見つけるには
最後まで諦めないで色々な会社を回ることです。

志望順位を決めておかないと第一志望が
だめだった時苦労する。

決断のときは急にやってくるので一回一回の
OB訪問を大切にし、そのつどイメージを
作り上げておくことが必要。
最後はその自分なりに作り上げたイメージを
基に思い切り飛び込む。

一流の会社に内定することが最も良いことではない。
本人に最も適した会社を見つけることが大事である。
このことに気づくのは就職活動の後半だと思うが
気づいたときは自分の気持ちに素直になった方がよい。

一流企業にしがみつかないこと。自分らしく生きること。

面接で出会った人との相性だけで会社を選択するのは
間違いだと思う。自分のしたい仕事ができる会社を見つけよう。

行きたかった会社に落ちても、ご縁がなかったのだと
思って、自分に合う会社は必ず何処かにあるので
気楽に探してください。


posted by ポギーアンドべス at 18:23| 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。