VC PTN 2612874 今の話題のニュース: ここでしか話せない大手金融機関の採用担当の裏話

2010年07月03日

ここでしか話せない大手金融機関の採用担当の裏話

私が東京出身で東京の大学を卒業していて
かつ、ここ20年ぐらいでは受験戦争が
一番厳しかった世代の人間で某大手金融機関
の人事部で採用の担当
をしていたことがある
経験から申し上げさせて頂くと・・・

東京の大東亜帝国(大東文化・東海・亜細亜
帝京・国士舘)よりも偏差値が低いようなFランクの
大学では大手金融機関や日本の所謂(いわゆる)超一流
と呼ばれる企業の採用はほとんど不可能もうやだ〜(悲しい顔)に近いです・・・

Fランクの定義が何かという議論もあるかと思いますが
私は人事を担当していたことがある経験から進学しても
就職する上でメリットがないと言う意味と、そもそも

その程度の偏差値の大学であれば我々の時代でも
そんなに受験勉強しなくても入学できたような大学
ですので、現在の少子化が進んだ状況下では普通の
人間であればなおさら勉強の必要はないだろうと
言う意味でFランクの大学と言わせて頂きますね。

ちなみに大手金融機関や日本の超一流と呼ばれる
企業は業種を問わず、建前は別として大半が採用
については指定校制を取っているので

(指定校制を取っていると言うと何故か世間から
批判を浴びますので、形だけは学校を問わずセミナー
や面接等は実施しますが、あれは、あくまで世間への
アピールであって採用するつもりは毛頭ありません)


採用するのは旧七帝大、一橋、私学では早慶上智
MARCH(明治・青学・立教・中央・法政)クラスと
関西の関関同立のみで日東駒専(日大・東洋・駒澤・専修)
レベルではもう全く相手にもしていません。がく〜(落胆した顔)

あと地方の比較的偏差値の高い国公立大学ですね。
ですので、せっかく一生懸命受験勉強をされて
大学進学を目指されているのであれば、関西ならば

京大・阪大・神戸大あるいは私学なら関関同立を
目指し合格をされなければ、それ以下の大学で
あればあまり進学されても就職をすると言う点に限って言えば
あまり意味がないと思います。

上記以下の大学に進学されるぐらいでしたら
専門学校に行かれ、専門知識を身につけられた方が
余程いい就職ができるかと思います。

私学で申しますと、日東駒専(日大・東洋・駒澤・専修)
レベルより下の大学なんてご両親にご負担をお掛けしてまで
進学する価値なんて就職に限って言えばありません。

ご参考になればと、管理人からの提言でした。





posted by ポギーアンドべス at 11:00| 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。